Uptone Neutrals

New colour collection, “Uptone Neutrals”

Blue to Grey & Peach

new colour collection

new colour collection

新色コレクション、テーマは”Uptone Neutrals”

Blue to Grey & Peach

Advertisements

Première Vision

9月19日-21日、パリで開催されたPremier Visionへ行ってきました。

PV2012

PV2012

今回は日本からの出展企業のお手伝いをさせていただきました。訪問者の波が途切れることはなく、ブースの中は活気にあふれていました。19,20日の2日間のお手伝いでしたが、ブースでどんなやり取りがなされているのか、ビジネスの現場を垣間見る貴重な体験をさせていただいた出展者の方に感謝、ありがとうございました。

多忙だったため、他のブースを覗きに行く時間はほとんどなかったのですが、General Forum だけはお時間をいただいてみてきました。PVアワードにノミネートされた商品を中心に最新、最先端の生地を目で見、手で触って確かめてくることができました。中で私が気に入ったのは「グラデーション」と題された部分に出ていた生地、2点は日本からの出展、1点はイタリアから。二重織の生地にニードルパンチ加工を施しているのですが、そのパンチングの度合いを変えることでグラデーションを表現した生地。ニードルパンチを施しているにも関わらず、裏にその加工の後が見えない。まさに職人技!ここでお見せできないのが残念です。(会場内は撮影禁止だったので)

もう一点はカシミアと麻の混織でブラッシング加工をした生地。やさしい温かみの中にちょっとした張りがある軽い生地、色はナチュラル。今ヨーロッパで展開されているリネンプロジェクトでも麻は夏物だけではない、冬物への利用を促しているのですが、麻の魅力を冬物に展開した一点だと思います。もっともカシミアとあわせているので軽くて暖かいのは当然かもしれませんが。値段も超高級品の部類、庶民の手には届かない生地でしょうが、とても素敵な生地でした。今私が取り組んでいる紙糸も現在は夏物を中心に商品開発が進んでいますが、空気を内包する構造から冬物への展開も可能なので参考になりました。

そしてもう一点、シャツ生地。黒の綿素材(だと思うのですが)。光沢といい、生地のハンドリングの良さといい綿でもここまでできるんだと感激しました。

滞在最終日は秋の青空が広がるパリを半日でしたが散策。今回のお目当てはイタリア、リモンタのソサイエティ(SOCIETY)。ベッドリネンを中心にした品揃えですが、帆布のトートバッグ等も置いています。ナチュラルテイストの素敵な品揃え。とにかく色が素敵です。その他、立ち並ぶブティックのウィンドーショッピングを楽しんできました。

I visited Première Vision in Paris on 19th & 20th September. This time I worked for a Japanese exhibitor. It was a brilliant work experience! Thanks for the exhibitor to give me the opportunity. I didn’t have much time to look around the event but at least I could manage to see and feel very high quality fabrics mainly exhibited in a general forum. Here, fabrics nominated for PV award were exhibited. Not only new material fabrics with high technology but also fabrics with artisan work were nominated. I’m glad to know the artisan’s work is highly appreciated in this technology booming society.