日本滞在記 その2 Japan Trip Story 2

日本滞在記その2は、主に二つのイベントを中心にデザインについて思いつくままに書いていこうと思います。

東京ミッドタウンにある21_21で開催されている「田中一光のデザインの前後左右」(2013年1月20日まで)
(http://www.2121designsight.jp/program/ikko_tanaka/about.html)

Ikko Tanaka and Future/Past/East/West of Design
21_21 Design Sight
– 20th January, 2013
(http://www.2121designsight.jp/en/)

tanakaiko

日本が大きく動いた時代に生き、多くの場で「日本」を発信してきたデザイナー田中一光さん。

キーワードは「見立て

私が会議を運営する会社で働いていたころ、あろ大きな国際会議のポスターに用いられたのはよくある「富士山の写真」に日の丸。会議の内容に「富士」は全く関係がありませんでしたし、あまりにも短絡的な表現に日本人ながら、日本てこれしかないのか、とがっかりしたことを覚えています。

今回、田中一光さんの作品の数々をみて「ああ、こうした仕事をした人がいたんだ」と嬉しくなると同時に今まで知らなかったことに残念な思いもしました。

発信すべき情報の本質を見極め、的確、簡潔かつ明瞭に限られたスペースの中に表現する。そこにあるのは優れた洞察力と技能なのでしょう。
中でも私が好きな作品はアメリカで開催されたアジア パフォーミングアート展のポスター(1981年)

tanakaiko2

(田中一光さんのポスター、こちらにたくさん掲載されています。
http://unubore-7.blogspot.co.uk/2012/01/1980-2002.html)

日本舞踊から連想される線は曲線。体のしなり、中腰で保つ姿勢、手の表情、どれをとっても「曲線」の集まりです。それをシンプルでジオメティカルな構図で表現する。歌舞伎の演目を題材にそれを非常にわかりやすく、端的に表現しています。直線てわかりやすいですよね。

こちらの記事もどうぞ
http://www.asahi.com/fashion/column/at/TKY201210180175.html

専門的な解説は他の方にお任せして、「いいデザイン」て何?
言葉であれば俳句のように限られた文字の中に表現したいことを濃縮させて共有できるものにすること。
さあこれを私の作品にどう活かしましょう。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s